八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

初期消火など迅速に

開港後初めて実施された空港ターミナルの火災訓練で消火活動を行う自衛消防隊のメンバー=24日夜、南ぬ島石垣空港ターミナル

開港後初めて実施された空港ターミナルの火災訓練で消火活動を行う自衛消防隊のメンバー=24日夜、南ぬ島石垣空港ターミナル

空港ターミナルで火災訓練

 石垣空港ターミナル㈱(代表取締役社長・中山義隆石垣市長)は24日夜、南ぬ島石垣空港ターミナルで開港後初めての火災訓練を実施した。

 ターミナル1階の北側飲食店の厨房(ちゅうぼう)から出火したとの想定で行われ、警備員が火元を確認し、ターミナルに入居するテナントで組織する自衛消防隊に連絡。同隊消火班が消火器や屋内消火栓で初期消火を行い、市消防に引き継いだ。

 避難誘導班は館内に残された人の誘導、救護班は負傷者を担架で館外に搬送した。

 終了後、市消防本部予防課の大濵安久課長が「自衛消防隊の役割分担ができていることを確認した。防火戸、シャッター前には日頃から障害物がないように点検し、消防設備が確実に作動するよう管理を徹底してほしい」と講評した。

 同社の石垣泰生代表取締役専務は「空港はさまざまな人が利用する施設。常に防災の意識を心がけ、万一の際は役割を果たせるようにしていきたい」と話した。

  • タグ: 火災訓練
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム