八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「出来は上々」 カボチャが出荷ピーク

出荷がピークを迎えているカボチャ。次々と選別されていく=23日午前、JAおきなわ八重山地区営農新興センター磯辺パイン集荷場

出荷がピークを迎えているカボチャ。次々と選別されていく=23日午前、JAおきなわ八重山地区営農新興センター磯辺パイン集荷場

 郡内のカボチャの収穫がピークを迎えており、JAおきなわ八重山地区営農新興センター磯辺パイン集荷場では連日、深緑色のカボチャが搬入され、関東の市場に出荷されている。

 南瓜(カボチャ)生産部会(兼浜秀雄部会長、会員36人)によると、石垣市内の作付面積は12㌶。昨年11月1日に種まき、今年2月28日から収穫が始まった。

 今期の目標は90㌧。23日現在、「こふき南瓜」17.27㌧、「ほっとけくりたん」26.07㌧の計43.34㌧を出荷した。同部会によると、今後はこふきの出荷量が増え、5月上旬まで続く。

 兼浜部会長(64)は「今期は小玉傾向だったが、会員の努力で出来はよい。今期の出荷量は100㌧が見込まれる」と、目標達成に自信。

 集荷場に持ち込まれたカボチャは、水なしの洗浄ブラシで磨いた後、重さに応じて選別し、さらに品質によってA、B、Cの3段階にランク付けして箱詰め。

 関東の市場では、セリにかけない相対取引のため、値段も販路も安定。10㌔当たり3000~4800円の範囲で取引されているという。

 兼浜部会長は「生産部会では厳しい基準で選別している。将来のため、取引先の信用を保つため、レベルアップを図る必要がある」と話している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム