八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

便器、自転車、掃除機、テレビ… 不法投棄

新川川で回収されたごみ。トタンに和式便器、自転車も出てきた=22日午前、新川川

新川川で回収されたごみ。トタンに和式便器、自転車も出てきた=22日午前、新川川

撲滅強化月間 新川川で初の清掃

 不法投棄撲滅強化月間(3月9日~4月10日)の一環として石垣市と県の職員、NPO花と緑の石垣島(波平長吉理事長)の会員ら約40人が22日、新川川周辺でボランティア清掃を行った。新川川は、県の委託を受けた同NPOの作業で管理用通路の除草が行き届くようになる一方、これまで雑草に覆われていた不法投棄の実態も表面化。この日の清掃では、軽トラック3台分のごみが集まった。

 引っ越しシーズンには家具や電化製品などの不法投棄が多く発生するため、市などが昨年から強化月間を設定して取り組みを開始。月間中の清掃活動は今回が初めて。

 参加者は延長2550㍍の区間で清掃。缶類やペットボトル、弁当容器のほか和式便器、掃除機、自転車、バッテリー、テレビ、鉄製ワイヤ、タイヤなどを拾い集めた。

 昨年の夏休みに祖母の真謝悦子さん(62)と清掃したという土井勇雅君(登野城小3年)は「新川川はごみがいっぱい。今日はカセットテープやライターを拾った。僕はごみを捨てません」と話した。

 清掃場所では斜面が急なため、川底には入れず、川底の草むらに埋まっていた冷蔵庫は回収できなかった。波平理事長は「川底の清掃は危険。行政にやってもらいたい」と要望した。

 市環境課の慶田盛伸課長は「ありえない実態にびっくりしている。不法投棄をしない、させない、見逃さないの取り組みを徹底していきたい」と話した。

  • タグ: 不法投棄撲滅強化月間新川川ボランティア清掃
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム