八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重農、宜野湾下し初戦突破 県高校野球春季大会

第62回県高校野球春季大会で2回戦進出を決めた八重農ナイン=22日午後、宜野湾市立野球場

第62回県高校野球春季大会で2回戦進出を決めた八重農ナイン=22日午後、宜野湾市立野球場

初回に打者一巡の猛攻

 【那覇】第62回県高校野球春季大会(主催・県高校野球連盟)2日目は22日、宜野湾市立野球場で八重山農林高校と宜野湾高校の1回戦を行い、八重農が6—3で勝利し、初戦を突破した。八重農は初回に打者一巡の猛攻で挙げた大量点で勝利を引き寄せ、3年ぶりの県大会勝利を飾った。2回戦は、26日午前9時から嘉手納町野球場で未来工科高校と対戦する。

 八重農は一回表、先頭打者の舟道(1年)が死球で出塁すると、2番松岡(2年)は犠打を決め、3番登野城(2年)の中越え二塁打で先制した。

 続く4番上地(2年)は死球で出塁し、5番山城(2年)の右翼後方の安打で1死満塁とチャンスを広げ、6番渡久山(2年)の右翼前安打で追加点を挙げた。さらに7番川平(2年)の三ゴロが相手野手の併殺ミスを誘い、走者二人が生還した。

 また、七回と八回にも安打をつないで追加点を挙げ、投げては先発山城が好投。継投した渡久山は最終回に無死二、三塁と攻められたが、きっちりと後続を抑え、逃げ切った。

 初戦突破に砂川玄隆監督は「立ち上がりを捉えたのが良かった。3年間、勝っていなかったので大きな勝利。基本的な守備と、ここ一番の勝負強さが2回戦の課題となる」と述べ、勝利を喜んだ。

 先制の二塁打を放った登野城主将は「自分にとって県大会初勝利なのでうれしい。エラーをしないよう気持ちを引き締めて、2回戦を頑張りたい」と気合を入れた。

 結果は次の通り。

 【1回戦】

八重農

400000110—6

000001011—3

宜野湾

(八)山城、渡久山—登野城

(宜)中村—安里大

▽二塁打=登野城(八)、首里・安里大(以上宜)

  • タグ: 県高校野球春季大会八重山農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム