八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

指定範囲の見直しを 希少動植物の保全種指定

保全種や保護地区の設定の見直しを求める池田清彦氏=2日午後、庁議室

保全種や保護地区の設定の見直しを求める池田清彦氏=2日午後、庁議室

市長に池田早大教授ら

 昆虫に詳しい早稲田大学の池田清彦教授らが2日、石垣市役所で中山義隆市長らと面談し、市が予定している希少野生動植物の保全種・保護地区指定の素案について、イシガキニイニイ以外の種は国の基準では絶滅に瀕している種ではないとして保全種の範囲の見直しを要望した。保護地区の設定についても、国の特別保護地区以上の範囲を設定する必要性は薄いと指摘した。

 池田会長は「コアな部分だけ規制し、それ以外は緩めるという形にしてもらいたい。アマチュアの研究者が来ることで調査ができる。それを出してもらって資料を収集するほうが生物多様性保護につながる。いろんな人が調査できるようにしてほしい」と述べた。

 中山市長は「貴重な意見をいただいた。内部で話し合いたい」と応じた。

 市環境課によると、市民を対象とする素案のパブリックコメント(市民意見募集)は1月13日から2月12日まで行われ、市内から50件、市外から106件の計156件と多く寄せられ、関心の高さを伺わせる結果となった。

 市は、寄せられた意見について対応方針案をまとめ、3月中旬に開く自然環境保全審議会で議論してもらう。答申は4月以降を予定する。

  • タグ: 希少動植物保全種指定保護地区
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム