八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

春季火災予防始まる 石垣市消防が運動出発式

春季火災予防運動の出発式に臨む市消防職員と女性防火クラブのメンバーら=2日午後、石垣市消防本部

春季火災予防運動の出発式に臨む市消防職員と女性防火クラブのメンバーら=2日午後、石垣市消防本部

 「もういいかい 火を消すまでは まあだだよ」をスローガンに2015年春季火災予防運動が1日から全国一斉に始まった。石垣市消防本部では2日午後、同本部で運動出発式を行い、大工嘉広消防長が「市民に火の取り扱いについて注意するよう呼びかけよう」と訓示した。

 管内での14年の火災発生件数は23件で、損害額は6350万円と過去10年間で最高額となった。内訳は建物火災10件、車両火災1件、ごみ焼きなどその他が12件。

 今年も1月末時点で無断火入れやごみ焼きを原因とする林野火災などが2件発生している。

 同運動の石垣市の重点目標は▽住宅用火災報知機の設置と放火火災防止の推進▽防火対象物や危険物施設への立ち入り検査と違反是正▽幼児への防火指導など。

 大工消防長は「昨年の火災は人の不注意によるものが多かった。ついうっかりをなくすように指導しよう」と呼びかけた。

 県消防協会八重山地区支部の田場由盛支部長は「消防の使命の重さを認識し、防火思想の普及に努めたい」とあいさつした。

 出発式後、職員と女性防火クラブのメンバーが2人1組となって、市内の住宅防火診断を実施した。

 期間中は、3日午後2時からユーグレナモールで行う幼年消防クラブの防火パレードをはじめ、福祉施設での総合訓練、防火査察、広報パトロールなどが予定されている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム