八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ミャークフツ継承へ演目多彩

ユニークなしぐさを交えながら「豊年のクイチャー」を披露し、会場を盛り上げる出演者ら=2月28日夜、市民会館中ホール

ユニークなしぐさを交えながら「豊年のクイチャー」を披露し、会場を盛り上げる出演者ら=2月28日夜、市民会館中ホール

八重山在宮古郷友会
クイチャーや替え歌楽しむ

 歌や踊りを通して宮古方言に親しむ「第2回ミャークフツ・ブドズ・アーグヌ夕べ」(八重山在宮古郷友会主催)が2月28日夜、石垣市民会館中ホールで開かれた。八重山在住の宮古出身者ら約400人が詰め掛け、宮古の伝統的な歌や踊り、宮古方言を交えた替え歌など多彩な演目を楽しんだ。

 2部構成の舞台には約30人が出演し、「とうがにあやぐ」で幕開け。「狩俣ぬいさみが」や「伊良部トーガニー」、宮古島独特の踊り「クイチャー」や宮古方言の漫談や替え歌など多彩なプログラムが続き、出演者がみせるユニークなしぐさに会場には大きな笑い声が響いた。出演者と観客で交互に歌う「なりやまあやぐ」では、会場に一体感が醸し出された。

 松原英男会長は「方言をしゃべれる人が減少している昨今、ミャークフツ(宮古方言)を継承し、地域文化のアイデンティティーを子や孫たちに残してほしい」と呼びかけた。

  • タグ: 八重山在宮古郷友会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム