八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

はなむけの言葉は当日までお楽しみ

卒業式に向け、花文字作りに励む八重山農林高校ライフスキル科の2年生たち=27日午前、同校体育館

卒業式に向け、花文字作りに励む八重山農林高校ライフスキル科の2年生たち=27日午前、同校体育館

卒業式向け花文字作り 八重農

 3月1日の卒業式に向け、八重山農林高校ライフスキル科2年生25人が花文字装飾づくりを進めている。

 同校では毎年、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で作成。今年は昨年12月9日に種をまいて同26日に鉢上げし、準備してきた。

 白いマリーゴールドで文字をつくり、黄色のマリーゴールドとモヨウビユを周りに飾っている。

 同科の大城友和教諭によると、「昨年は『感謝』という言葉だった。今年は当日までサプライズという形にしたい」と話している。

 﨑原理奈さん(17)は「部活動や学校生活では相談に乗ってもらい、先輩方にお世話になった。感謝の気持ちを込めたい」と作業に専念。與那嶺理奈さん(同)は「島を出ても自分の夢に向かって羽ばたいてほしい」とエールを送った。

  • タグ: 八重山農林高校卒業式花文字
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム