八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3高校とも定員割れ 県立高校入試最終志願

26917.県立高校最終志願.jpg

八商工機械は倍率1・67倍 
試験は3月10、11日

 【那覇】県教育庁は26日、県立高校の2015年度一般入学試験の最終志願者数を発表した。八重山地区は八重山高校が定員192人に志願者183人、倍率0・95倍で9人の定員割れ。八重山商工高校は全日制で定員144人に志願者141人、倍率0・98倍で3人の定員割れ。定時制は定員40人に志願者7人、倍率0・18倍で、33人の定員割れ。全日と定時合わせた倍率は0・80倍。八重山農林高校は定員154人に志願者123人。倍率0・80倍で31人の定員割れとなった。

 定員以上の志願があった学科・コースは八商工機械電気科機械コースが定員18人に30人が志願し倍率1・67倍。次いで同商業科情報ビジネスコースで定員24人に30人が志願し倍率1・25倍。八重農アグリフードが定員39人に志願者は42人で倍率1・08倍。八商工と八重農のその他の学科、コースはいずれも定員割れとなった。

 試験は3月10、11の両日。合格発表は17日午前9時から。定員に満たない学科・コースで行う2次募集の出願期間は18日と19日。詳細は県教育委員会のホームページで確認できる。

  • タグ: 県立高校入試
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム