八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

駐屯施設建築を発注 沖縄防衛局

南牧場に建設が予定されている駐屯地のイメージ図

南牧場に建設が予定されている駐屯地のイメージ図

3件で総額87億円余 陸自沿岸監視部隊
今後、レーダー基地も

 与那国島での陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画で、南牧場で敷地造成工事を行っている防衛省沖縄防衛局は25日までに、庁舎や隊舎など駐屯地にかかる総額87億100万円の建築工事3件を発注した。一部はすでに着工しており、現在行われている敷地造成工事の終了後に工事を本格化させる。今後、駐屯地の外観があらわになってくる。同省は2016年3月末までに施設を完成させ、150人規模の部隊員を配置する計画だ。

 駐屯地の整備では庁舎(延べ面積2259平方㍍)、食厨・厚生施設・隊舎(同1346平方㍍)、隊舎(同3143平方㍍)、整備場(同382平方㍍)、局舎(577平方㍍)、受電所、スタンドなどを計画。久部良、祖納両地区には監視施設と鉄塔を建設する。

 今後は久部良地区でレーダー基地建設、祖納地区で通信施設も予定されている。レーダー基地については、電磁波による健康被害があるとして、反対派グループが工事差し止め訴訟を提起する構えをみせている。

 同局によると、今回の庁舎などの建設工事は昨年7~8月にかけて一般競争入札を公告したが、人材確保や資材運搬が困難などとして応じる業者がなく、不成立となっていた。条件を見直すなどして今月に入札を実施、落札業者が決まった。

 今後、与那国島には建築資材などが搬入されることになる。発注時期がずれ込んだものの、今月20日から与那国ー石垣ー那覇で運航している崎原海運㈱の新貨物船「陽光丸」は、以前の協栄丸の約2・7倍の積載能力を備えており、同社与那国取次所は「資材を運べる量が増えるので、基地建設もピッチが上がるのではないか」と話している。

  • タグ: 与那国島自衛隊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム