八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

基準額は6651円 現行より299円増

26907.png

石垣市介護保険料

 石垣市高齢者福祉計画・介護保険事業計画第6期(2015~17年度)の案を審議する同策定委員会(川平永光会長、委員15人)は24日午後、石垣市健康福祉センター2階視聴覚室で第6回の最終委員会を開き、65歳以上が支払う介護保険料の基準月額を前回提示額より23円減額し、第5期より299円増の6651円とすることを決めた。

 事務局の市介護長寿課によると、第3段階の保険料率を0.05%引き上げて国の標準と同率にし、残る10段階の月額料金を減額した。宮良課長は「前案を微調整することで基準額と月額料金の減額を図り、低所得者の介護保険料の低減につなげ、全体のバランスを保ちたい」と説明した。

 同委は、今後3年間の保健福祉事業と介護保険制度の総合計画「21パールプランいしがき(第6期)」の素案も承認。高齢者人口の増加に備え、福祉・介護サービスを包括的に提供する地域包括ケアシステムの構築、既存の地域包括支援センターの機能充実などを盛り込んでいる。

 市は今後、パブリックコメント(市民意見の募集)を実施し、3月中旬に答申する予定だ。

 川平会長は「行政はこの計画が絵に描いた餅にならないよう、しっかりと実行してほしい」と要望。知念修福祉部長は「10年前に比べて高齢化は加速している。地域力を生かした方針で第6期計画事業を行いたい」と述べた。

  • タグ: 介護保険料
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム