八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

校内で36年ぶり田植え 八重農

校内で36年ぶりに田植えを行う八重山農林高校アグリフード科の2年生たち=24日午前、同校

校内で36年ぶりに田植えを行う八重山農林高校アグリフード科の2年生たち=24日午前、同校

収穫後はみそや米粉パンに

 八重山農林高校(渡久山修校長、生徒288人)のアグリフード科2年生18人と教員らは24日午前、校内の水田約660平方㍍で36年ぶりに田植えを行った。

 田んぼづくりは1979年以来。教員が9月ごろから準備し、地面を耕し、水を張って石を拾う作業を繰り返してこのほど完成。この日植えた苗は約4カ月後に収穫し、みそや米粉パン作りなどに生かすという。

 田植えは豊作祈願に続いて行われ、具志堅有佳さん(17)は「足と腰が痛くてつらい。オムライスや米粉でお菓子を作ってみたい」と話していた。

  • タグ: 八重山農林高校田植え
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム