八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

設立10周年で決意新た ちゅらネットが記念式典

ちゅらネットの10周年記念式典で子どもたちから花束を贈られる平良智恵美さん、大城みゆきさん(右から)ら=15日午前、双葉公民館

ちゅらネットの10周年記念式典で子どもたちから花束を贈られる平良智恵美さん、大城みゆきさん(右から)ら=15日午前、双葉公民館

勤続職員ら4人に感謝状

 障がい児らの育児を支援する施設として「ちゅらハウス」を設立し、2014年6月で10周年を迎えたNPO法人ちゅらネット(宇根眞利子代表)は15日、双葉公民館で記念式典を開き、宇根代表は「優しさと思いやりの心を忘れずに笑顔で頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 同ネットは現在、市内で3施設を運営、放課後デイサービスのほか発達支援や移動支援、共同生活援助、相談支援など9事業を展開している。

 宇根代表はあいさつで「障がいのあるなしにかかわらず、一緒に過ごせる場ができたことをうれしく思う。常に利用者の立場に立った支援を提供し、地域で必要とされる施設を目指したい」と述べた。

 施設の運営に尽力したとして琉球大学教授の古川卓、元八重山特別支援学校教諭の上原均、10年勤続職員の大城みゆきと平良智恵美の4氏に感謝状を贈った。

 このうち大城氏は「一番の支えは子どもたちの笑顔。宇根代表やスタッフの支えに感謝の気持ちでいっぱい」、平良氏は「子どもたちとともに私自身も成長できたらと思う」と話した。

 式典後の祝賀会では、施設を利用する子どもたちが踊りなどを披露した。

  • タグ: ちゅらネット10周年
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム