八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

公立9園で昼食提供へ 石垣市

2016年度から昼食の提供が始まる幼稚園の一つ、みやまえ幼稚園=5日

2016年度から昼食の提供が始まる幼稚園の一つ、みやまえ幼稚園=5日

16年度の幼稚園型認定こども園

 石垣市が2016年度で幼稚園型認定こども園への移行を計画している公立幼稚園9園では、午後の保育もあることから昼食を提供する必要があり、市は園内で調理するか外部から提供を受けるか、いずれかの方法を検討することにしている。

 「子ども・子育て支援新制度」に基づき、今年4月からスタートする子ども・子育て支援事業計画の素案によると、市は15年度に、みやまえ幼稚園で4、5歳に加え3歳児の保育を初めて実施、16年度には同園を含む9園を、3~5歳児を受け入れる幼稚園型認定こども園に移行する予定。

 食事は自園調理が原則だが、外部搬入も可能。保護者が希望する場合は弁当持参もできる。自園で提供する際には調理室が必要となり、外部から提供を受ける場合でも加熱や保存などができる調理機能を有する設備が求められている。

 市は16年度、自園で調理するか、市学校給食センターなどから提供を受けるかどうか検討を進める一方、施設の改修も進めていく考え。給食センターから提供を受ける場合、小学生と3歳児を含む幼稚園児の食事の内容が同一でいいかどうかも調べていくことにしている。

  • タグ: 昼食
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム