八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

”八重山うた大哲会”発足 全国に15支部

沖縄本部関係者と全国から八重山うた大哲会の発足記念祝賀会に参加した皆さん=7日、那覇市

沖縄本部関係者と全国から八重山うた大哲会の発足記念祝賀会に参加した皆さん=7日、那覇市

師範教師29人に免許状

 【那覇】石垣市新川出身で八重山民謡の第一人者、大工哲弘さんを会主とする「八重山うた大哲会」の発足記念祝賀会が7日、那覇市内で開かれ、全国の会員180人余によって組織が結成された。初代会長には、大哲会と琉球民謡音楽協会教師の伊藤幸太さんが就任。発足を記念した免許状の授与式も行われ、師範と教師29人に大工会主から免許状が交付された。

 同会は大工会主を師とし、八重山民謡の研さんと継承発展に寄与することを目的に結成。那覇市内に本部を置き、北は北海道から南は福岡まで全国15の支部で構成されている。

 祝賀会には、全国の指導者と関係者ら50人余が参加。大工会主は「歌の技術だけでなく、デンサー節にあるように人の道という魂を受け継いでもらいたい。全国の会員が歌を通して、楽しい人生を歩んでほしい」と述べ、会員を激励した。

 伊藤会長は「大工先生を慕い、10年以上前からの思いが実り喜んでいる。会名に恥じないよう先生の歌と心を受け継いでいきたい」と決意を述べた。

 祝賀会では三線と爪をモチーフに「大」の字を表し、人の絆と心を意味する会章も披露され、会員が八重山民謡の継承発展に向けて決意を新たにした。

 師範と教師は次の皆さん。

 【師範】三線・吉川忠尋、屋嘉部充

 【教師】三線・有馬泉、岩井信幸、伊藤幸太、北林直樹、小西浩、山本千加子、伊藤幸二、吉田敬、中田光太郎、原田史也、杉田園、大工真司、中村光貴、柿木薫、増井謙一、別井伸一郎、松本滋、八重柏泰志、市村幸生、中村暢之、横山正人、飯尾広助、福山研二、吉原京子▽太鼓・西表高康、東澤浩▽笛・石川昭彦

  • タグ: 大工哲弘八重山うた大哲会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム