八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重農、2度目の優秀賞 赤土防止などの取り組み評価

第5回高校生環境活動発表会全国大会で優秀賞を受賞した八重農環境工学部の米盛君、宮城さん、林さん(左から)=9日夕、南ぬ島石垣空港

第5回高校生環境活動発表会全国大会で優秀賞を受賞した八重農環境工学部の米盛君、宮城さん、林さん(左から)=9日夕、南ぬ島石垣空港

高校生環境活動発表全国大会

 環境問題に積極的に取り組んでいる全国の高校生が活動を発表する「第5回高校生環境活動発表会全国大会」(全国高校生エコ・アクション・プロジェクト実行委員会主催)が7、8日、都内で開かれ、八重山農林高校の環境工学部が優秀賞を受賞した。同校の出場は2年ぶり2度目で前回に続く優秀賞となった。

 大会は全国から応募のあった140校の中からファイナリスト18校が発表。同校は、赤土の流出防止や漂着ごみ問題などの取り組みについて発表した。

 大会に出場した宮城はづきさん(アグリフード科2年)は「自分たちのプレゼンだけでなく、いろんな発表を聞くことができ、いい刺激になった」、林美羽さん(ライフスキル科2年)は「緊張してしまったが、大きな舞台で発表できたことはいい経験になった」、米盛英博君(グリーンライフ科2年)は「全国でもさまざまなエコの取り組みがあることを知り、勉強になった」とそれぞれ感想を述べた。

 9日夕、南ぬ島石垣空港で生徒たちを迎えた同校の渡久山修校長は「全国の舞台で発表し、各地の高校生と交流できたことは大きな財産になる。周囲の友人や後輩たちにも伝えていってほしい」と話した。

  • タグ: 高校生環境活動発表会八重山農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム