八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハーブの魅力一堂に 多くの来場者で盛況

初日から多くの来場者でにぎわうハーブフェスティバルin八重山=7日午前、市健康福祉センター

初日から多くの来場者でにぎわうハーブフェスティバルin八重山=7日午前、市健康福祉センター

初のフェスタきょうまで 健康福祉センター

 「命草NUCHIGUSA」をテーマにしたハーブフェスティバルin八重山(同実行委員会主催)が7日、石垣市健康福祉センターで開幕した。8日まで。八重山3市町から40業者以上が出展し、ハーブを使ったお菓子や飲み物、アロマグッズの展示販売、中学生のハーブを使った料理レシピの展示などが行われた。会場には大勢の市民が訪れ、ハーブを使った商品に触れ、お気に入りの品を買い求めていた。最終日は午前10時から午後5時30分まで開かれる。

 初日は午前10時からオープニングセレモニーがあり、実行委員長の中山義隆市長が「ハーブフェスティバルで多くの人々にハーブの魅力を知ってもらい、生産から加工品の流通までを創造する6次産業化を推進するきっかけにしたい」とあいさつ。この後、ハーブペイントコーナーで市長が大きな模造紙に巨大な筆で力強く「命草」の文字を書いた。

 屋内ではハーブのせっけんや染め物づくりのワークショップ、新商品の展示などが行われた。屋外では加工品の展示販売、飲食コーナーがブースを連ね、ハーブの苗の無料配布では用意したバジルやミントなど約700鉢が早々と品切れした。

 会場を訪れた市民からは「ハーブフェスティバルはいろんな発見があって面白い。毎年開催してほしい」、千葉ロッテのキャンプ観戦の途中訪れた観光客の女性は「初めて見るハーブの料理レシピもあり、とても楽しい」と話した。

 8日は命草を使用した泡盛やスイーツのお披露目会、ロゴ・料理コンテストの表彰式が行われる。15日まではハーブウィークとして、郡内各地でさまざまなイベントが開かれる。

地図
  • タグ: 健康福祉センターハーブ命草
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム