八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

具志堅さんも訪れ激励 東京双葉郷友会が総会

東京石垣双葉郷友会の総会であいさつをする具志堅用高さん=1日、都内

東京石垣双葉郷友会の総会であいさつをする具志堅用高さん=1日、都内

 【東京】東京石垣双葉郷友会(後嵩西保会長)の第15回総会および新年会が1日、都内で開かれ、多くの郷友たちが親睦を深めた。会には、国際ボクシング殿堂入りを果たした具志堅用高さんも駆けつけ、和やかに交流した。

 具志堅さんは「今年は僕も還暦を迎える。皆さまのご健勝とご活躍を願っている」と激励。サインや写真撮影に応じたりしながら、郷友との談笑を楽しんでいた。

 後嵩西会長は「5月のソフトボール大会では優勝を狙っていこう。そして、バーベキュー、潮干狩り、ピクニックなど数多くの行事を行い、コミュニケーションを取っていこう」と述べた。

 石垣島から出席した石垣市議会議長の知念辰憲氏は「15回総会おめでとう。15年前、双葉公民館長をしていた時に公民館の改築に資金の寄付をお願いした。今は市場もきれいになり、観光客も増えた。そして離島ターミナルには具志堅用高の銅像が建ち、元気があるいい島になりつつある」とあいさつした。

 八重山郷友連合会(宇根底政祐会長)の落合幸雄幹事長も出席し祝辞を述べ、新年会では、福島和子、仲間健勇、古賀愛子さんらによる歌三線や、エイサー集団「江戸川琉心」(小禄道悟代表)が舞台を盛り上げていた。(黒島安央通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム