八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観衆2500人が熱狂 格闘技イベント武勇伝

格闘技イベント「武勇伝」。メーンとなったボブ・サップと寺島力戦に勝利し、雄たけびを上げるボブ・サップ=1月31日、市総合体育館

格闘技イベント「武勇伝」。メーンとなったボブ・サップと寺島力戦に勝利し、雄たけびを上げるボブ・サップ=1月31日、市総合体育館

ボブ・サップは勝利飾る

 県内最大規模の格闘技イベント「武勇伝」(同実行委員会主催)が1月31日午後、石垣市総合体育館で開催された。国内外の格闘技選手やK—1ジャパングランプリ元チャンピオンなどが白熱した試合を展開し、来場した2500人余の格闘技ファンを楽しませた。

 イベントは、全10試合あり、日本、台湾、ブラジル、ロシア、アメリカから20選手が出場。オープニングとして行われた試合には、石垣市内のジムから3人が出場した。

 5分2ラウンドで行われた72㌔以下級MMAライト級タイトルマッチ戦の熊澤伸哉(沖縄・闘心)とイウリ・メシアス(ブラジル)は、1ラウンド3分すぎにアキレスけん固めを決めた熊澤が勝利。新チャンピオンとなった。

 セミファイナルのMr神風(熊本・神風塾)と天田ヒロミ(東京・デジタルスピリッツ)は、3分3ラウンドで天田ヒロミが勝ちを収めた。

 一番の盛り上がりをみせたメーンの試合には、ボブ・サップ(米国)が登場し、3分3ラウンドで寺島力(日本)と対戦。2ラウンド1分23秒でサップが勝利した。

 観戦に訪れた松原かいさん(37)は「応援した地元の渡辺直由選手が敗れてしまって残念だが、本物の格闘技の試合が見られて満足」と話した。

 砂川利勝さん(51)=県議会議員=は「照明や音響など大掛かりな演出も素晴らしかった。今後とも継続してほしい」と感想を述べた。

  • タグ: ボブ・サップ格闘技
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム