八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島マラソンきょう号砲 5058人がエントリー

会場で受け付けを済ませる石垣島マラソンの出場者ら=24日午後、市総合運動公園陸上競技場

会場で受け付けを済ませる石垣島マラソンの出場者ら=24日午後、市総合運動公園陸上競技場

 第13回石垣島マラソン(石垣市など主催)は25日、石垣市総合運動公園陸上競技場を発着点に開かれる。今大会はフルマラソン、23㌔、10㌔の3部門に島内外から前回を392人上回る過去最高の5058人がエントリー。フルと23㌔は午前9時、10㌔は午前9時30分にスタートする。大会前日の24日、陸上競技場で参加受付が行われ、出場者が申込用紙を提出して手続きを済ませ、ゼッケンや記念のTシャツを受け取っていた。表彰台で記念撮影する姿もみられた。

 フルマラソンに参加する及川耕一さん(42)=岩手県=は「2回目の出場だが、石垣島は暖かい。あすは自己ベストを目指して頑張りたいが、この暑さだと厳しいかもしれない」と岩手との温度差に驚いた様子。同じく2回目の出場となる萩原久恵さん(68)=兵庫県=は「昨年出場してみて楽しかったので、今回も完走を目指して頑張ります」と抱負を語った。

 今大会では、初の試みとして「オリジナルエイジラン」を実施。10㌔は出場者の年齢が目標タイムで50歳の場合は50分が目標タイムとなる。23㌔は年齢の2.3倍、フルマラソンは年齢の4.2倍が目標タイムで、達成者には賞品が贈られる。

 出場申込者の内訳はフルマラソン1864人、23㌔1322人、10㌔1872人となっている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム