八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山、初日総合は5位 市郡対抗駅伝競走

県知事杯第38回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会初日。前半4区の繰り上げスタートで勢い良く飛び出した八重山郡の川島海斗=24日午前、南城市役所知念支所前

県知事杯第38回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会初日。前半4区の繰り上げスタートで勢い良く飛び出した八重山郡の川島海斗=24日午前、南城市役所知念支所前

前半4区の川島が区間賞

 【那覇】県内の14市郡が競う県知事杯第38回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(主催・沖縄陸上競技協会)が24日午前、那覇市の奥武山陸上競技場をスタートし、八重山郡は9時間25分08秒のタイムで総合5位で初日のレースを終えた。前半7位、後半3位として追い上げた。個人では前半4区の川島海斗(琉球大学2年)が、39分35秒で区間賞を獲得した。初日の総合1位は那覇市でタイムは9時間08分50秒だった。大会最終日の25日は午前7時に国頭郵便局をスタートし、同競技場にゴールする。

 大会初日は、同競技場を午前7時にスタート。本島を東回りに国頭郵便局をゴールとする前半8区間96.0㌔、後半8区間63.4㌔の計16区間159.4㌔のコースで熱戦のレースが展開された。

 八重山は前半1区を9位とし、3区で順位を一つ上げた。4区の川島が区間賞の走りをみせ6位まで押し上げたが、その後は一進一退のレースで7位で前半を終えた。

 後半9区は三ツ岩森之(与那国中)が3位で10区の島袋太佑(大浜中)につないだ。島袋は区間2位の走りで11区の村松稔(与那国町教委)に引き継ぎ、村松も区間2位の力走をみせ、首位を奪った。後続の選手も健闘して、最終的に3位をキープした。

 初日の結果に島尻勝人監督は「初日から選手が頑張ってくれた。ほめてあげたい。予定通りだ。あすは2回走の選手を含め、どこまで頑張れるかが勝負になる」と述べた。

 最終日の25日は、全14区間128.3㌔のコースでレースを行い、午後3時30分ごろには同競技場にゴールする予定。

 初日の結果は次の通り。

 【初日総合】

 ▽①那覇市(9時間08分50秒)②国頭郡(9時間13分58秒)③宮古島市(9時間16分23秒)⑤八重山郡(9時間25分08秒)

 【前半】

 ▽1区(11.0㌔)=⑨小林裕樹(36分17秒)▽2区(13・8㌔)=⑩長尾蓮(47分09秒)▽3区(11.5㌔)=⑥仲村渠昌彰(41分26秒)▽4区(11.9㌔)=①川島海斗(39分35秒)▽5区(10.5㌔)=⑩西川卓(39分28秒)▽6区(15.0㌔)=⑦下地将平(53分14秒)▽7区(10.1㌔)=⑤阿部知史(36分26秒)▽8区(12.6㌔)=⑥川満晃弘(45分04秒)

 ▽前半順位=⑦八重山郡(5時間38分39秒)

 【後半】

 ▽9区(3・8㌔)=③三ツ岩森之(11分30秒)▽10区(4.6㌔)=②島袋太佑(15分15秒)▽11区(11.7㌔)=②村松稔(40分48秒)▽12区(9.5㌔)=⑧徳島聖(35分21秒)▽13区(7.8㌔)=③大城理樹(28分34秒)▽14区(6.6㌔)=⑫新城秀人(25分09秒)▽15区(12.0㌔)=③小林洋(42分22秒)▽16区(7.8㌔)=⑤東里司(27分30秒)

  • タグ: 市郡対抗駅伝競走
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム