八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

14年救急出動は2310件 前年比22件増

年齢区分別傷病程度別搬送人員数

年齢区分別傷病程度別搬送人員数

緊急性なしは343人

 石垣市消防本部がまとめた2014年の救急出動件数は2310件(前年比22件増)で、特に脳疾患による搬送が206人に上り、前年より31人多かった。実際に病院へ搬送した患者数は1967人(同19人減)。緊急性を要しないなどの理由で搬送されなかった「不搬送」は343人で前年より41人増えた。

 市消防では「要請があれば搬送することが基本」と前置きした上で、「身近に起こり得るけがや病気の知識があると自己判断力が高まり、出動件数の減少につながる」として、市民に救命講習会の受講を勧めている。

 全搬送者のうち65歳以上の高齢者の搬送は前年より36人多い1038人で、全体の52.3%を占めた。

 市消防では「(要請件数増には)高齢化社会や人口増はもとより、世帯数の増加の影響もある」とみている。中には高齢者夫婦世帯で「自分で何とかしたいが、連れて行けない」とやむなく救急搬送を要請するケースもあったという。

 搬送人員のうち、急病が1214人(同3人増)、外傷などの一般負傷が286人(同3人減)、交通事故が121人(同13人減)などとなっている。

 急病の主なものは脳疾患が206人(同31人増)、心疾患などが92人(同23人減)、消化器系が182人(同11人増)、呼吸器系が191人(同1人増)。

 搬送先は八重山病院が1583人で前年より128人減少。石垣島徳洲会病院が298人(同68人増)、下地脳神経外科が27人(同20人増)、下地第2脳神経外科が13人(同10人増)だった。

 市消防では救命入門、普通救命、傷病者が小児だった場合の講習会のうち、毎月いずれかを開いている。詳しくは同本部(82—0119)。

  • タグ: 救急出動件数
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム