八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

年間110万人台が現実味

スタークルーズ社のアクエリアス号で来島した外国人観光客ら=石垣港、10月31日

スタークルーズ社のアクエリアス号で来島した外国人観光客ら=石垣港、10月31日

今年の観光客、10月までに98万人

 八重山のことし10月までの観光入域客数が98万9188人と、昨年の年間94万2964人を4万6000人余り上回る過去最高となった。初の100万人突破は確実で、110万人台も現実味を帯びている。10日に県八重山事務所が発表した。

 石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長は「新空港効果がまだ続いている。この数字に喜んでばかりはいられない。観光客のニーズに合った新商品を開発し、滞在日数を延ばす努力をしたい」と話した。

 10月の観光客数は前年同月を5772人(6.9%)上回る8万9420人で、10月単月でも過去最高。24カ月連続で前年同月を上回った。

 同事務所によると、10月は台風19号の影響で国内観光客が7万822人と前年同月を5658人(7.4%)下回ったが、外国人観光客が1万8598人と、前年同月から1万1430人(159.46%)増加した。

 空路では中華航空の台北石垣便が週2日運航。計9回の運航で960人が訪れた。海路では、クルーズ船のアクエリアス号が7回入港し、1万7721人、サンプリンス号が1回寄港し、2429人が来島した。

 3市町別では▽石垣市=8万9010人(前年同月比6・9%増)▽竹富町=8万1429人(同1.4%減)▽与那国町=2374人(同12.1%増)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム