八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

各地で「冬の嵐」 与那国で20.7㍍12月観測史上最大

強風の影響で海上は大荒れ。波しぶきが一時陸まで届くところも=4日午後、石垣市内

強風の影響で海上は大荒れ。波しぶきが一時陸まで届くところも=4日午後、石垣市内

離島航路に欠航も クルーズ船入港7時間遅れ

 八重山地方は4日、東シナ海で発生した前線の通過と大陸高気圧の張り出しに伴い、気圧の傾きが大きくなり、各地で北よりの強い風が吹いた。与那国島では同日午前5時49分に12月観測史上最大の20・7㍍を記録、10年ぶりに更新した。石垣市登野城では午前6時19分に15㍍、波照間島で午前6時18分に14・5㍍の強風を観測した。

 石垣島地方気象台は午前7時45分に八重山地方に強風と波浪注意報を発令。強風の影響で沿岸の海域は大しけとなり、石垣島と上原や鳩間、波照間を結ぶ航路が欠航した。

 また、同日午前9時に石垣港へ入港を予定していた大型クルーズ船「飛鳥Ⅱ」は一時入港を見合わせ、予定より7時間遅れて午後4時ごろ接岸した。予定されていた市主催の歓迎セレモニーと市民を対象の船内見学会は中止となった。3市町で強風による家屋や人的被害は報告されていない。

 気象台によると、海上のしけの状態は5日明け方まで続く見込みで、海上や海岸付近では強風や高波に注意を呼びかけている。

  • タグ: 大しけ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム