八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

久部良で金刀比羅祭 航海安全と豊漁を祈願

金刀比羅祭で相撲を奉納する子どもたち=1日、与那国島久部良のナーマ浜

金刀比羅祭で相撲を奉納する子どもたち=1日、与那国島久部良のナーマ浜

 【与那国】町漁協(嵩西茂則組合長)は1日午前、久部良漁港内ナーマ浜の金刀比羅祭神前で「金刀比羅(ことひら)祭」を行った。漁業者もこの日は漁を休んで玉串しやお神酒を奉納。地元の久部良小学校児童や久部良中学校生徒、地域の人たちも航海安全と豊漁を祈願した。

 久部良の金刀比羅祭は1935(昭和10年)ごろ、与那国島でかつおぶし製造を行っていた宮崎出身の発田貞彦氏(故人)が香川の金刀比羅宮の祭神を持ち込み信仰祈願したのが始まり。発田氏が本土に引き上げた後は、町漁協が78(同53年)から旧暦10月10日に祭事を行っている。

 式典では嵩西組合長が金刀比羅祭の由来などを説明したあと、外間守吉町長と糸数健一町議会議長があいさつした。年間漁獲高の表彰も行った。

 会場はこの日、強い海風が吹いていたが、砂浜では子どもたちが元気よく相撲を奉納した。

 神事のあとは公民館で祝賀会を行った。

 年間漁獲高の表彰は次の通り。

 ①上原正且②尾野文健③川田一正

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム