八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安全教育の徹底を確認 乗務員逮捕で緊急会議

タクシー乗務員の逮捕事案を受けて開催された緊急会議。安全教育の徹底などを確認した=1日午後、八重山署

タクシー乗務員の逮捕事案を受けて開催された緊急会議。安全教育の徹底などを確認した=1日午後、八重山署

八重山署、タクシー協会

 11月27日にタクシー乗務員が酒気帯び運転と事故不申告(当て逃げ)で逮捕された事件を受け、八重山署(仲村智成署長)と県ハイヤー・タクシー協会八重山支部(請盛真実支部長)は1日午後、同署で緊急会議を開き、乗務員の交通安全教育を徹底していくことを確認した。

 緊急会議には、同支部加盟社の代表や交通課員ら23人が出席。逮捕されたタクシー運転手が勤務する会社の経営者は「業界において交通安全を率先すべき運転手が事故を起こしたうえ、隠滅しようとした。厳正に処分する。日ごろから法令順守に努めているが、今後はさらに推進する」と謝罪した。

 請盛支部長は「飲酒運転は死亡事故に直結する危険な行為。各社ともアルコールチェックは行っていると思うが、いま一度、公共交通機関として乗務員の意識改革を行わないといけない。乗務員が嫌がるほど、安全教育を徹底してほしい」と訴えた。

 嘉手苅忠夫副署長は「今回の衝撃は大きい。新空港開港で多くの観光客が来島している。プロドライバーのさらなるモラルアップが必要。地元の信頼回復に向けて取り組みを強化してほしい」と強く要望。与那覇長次交通課長が▽車両の適正な運行管理▽従業員の生活態度を把握▽従業員に対する安全教育|の徹底を呼びかけた。

 会議では各社が「日ごろの会話を通じ、職員の性格や酒癖の把握」「対面で健康状態や睡眠時間の確認、今日の運行テーマなどの確認」に務めていることを報告した。今後、さらに強化していく。

  • タグ: 酒気帯び運転タクシー協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム