八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲酒はほどほどに 「節酒カレンダー」を配布

節酒カレンダーを手に適正飲酒を呼びかける八重山保健所健康推進班の玻名城恭子さん(右)と宮城瑛利奈さん(左)=1日午後、八重山保健所

節酒カレンダーを手に適正飲酒を呼びかける八重山保健所健康推進班の玻名城恭子さん(右)と宮城瑛利奈さん(左)=1日午後、八重山保健所

八重山保健所

 県健康増進計画「健康おきなわ21」の推進に向けて八重山保健所健康推進班は、飲酒した日と飲酒量をチェックするオリジナルの「節酒カレンダー」を作成、約600部を同保健所窓口で配布している。

 県内男性のアルコール性肝疾患の死亡率は全国の2倍の状況。県は「健康長寿おきなわ」の実現に向け、がん検診や定期検診、肥満解消とともに適正飲酒を呼びかけている。

 同班では昨年10~11月、郡内6事業所79人の協力を得て、適正飲酒量を超えた日と適正飲酒量の日、飲酒しなかった日を色付きのシールでカレンダーに記録してもらったところ、「飲酒する日が減った」「どちらかと言えば減った」と答えた人が41%に当たる計27人に上った。

 同班の玻名城恭子さんは「記録していくだけでも飲酒量や回数が減る人がおり、カレンダーを配布して節度ある適度な飲酒量の周知を図り、適正飲酒を勧めていきたい」と話した。

  • タグ: 飲酒節酒カレンダー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム