八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

8月から続く渇水で竹富町に続き、石垣市も…

 8月から続く渇水で竹富町に続き、石垣市も20日から夜間断水に踏み切ることを決めた。断水時間は午後11時から翌日午前6時までの7時間▼一般家庭はほぼ寝ている時間帯で、トイレ用水などを除き生活に大きな影響はなさそうだが、夜間営業する飲食店などや、帰宅が遅い職種の人にとっては困った問題。場合によっては営業時間の短縮などにもつながりかねない▼断水は、少雨傾向で、水がめの真栄里ダムの貯水量低下に加え、水源となる河川や地下水の水量低下を受けての措置。市内で断水となれば18年ぶりの断水となった2011年8月以来3年ぶりだ▼その時は8日間の夜間断水の末、農林水産大臣の「特例水利許可」を受け、底原ダムからの農業用水を使い、急場をしのいだ。だが、今回は底原ダムの貯水率も40%を割り込んでおり、同様な措置を望むのは厳しそうだ▼かって多くの家に設置されていた高架水槽は、水道水の安定供給で多くが撤去され、新築時に設置しない家が増えた。断水期間や時間が長引くようであれば撤去、未設置を悔やむ声も聞かれそうだ▼石垣島地方気象台が発表した天気予報は今日から週明けにかけ「曇り雨」。ダム近辺にまとまった雨が降り、断水が見送られることを期待したい。それまでは市民の節水が求められる。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム