八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最近あまり見かけなくなったが…

 最近あまり見かけなくなったが、以前は自転車の前後いっぱい空き缶を積んだお年寄りが、街を走っていた。早朝のごみ出し時間帯の光景だ▼これが今月1日から禁止となった。各家庭が出す資源物のアルミ缶などを持ち去る行為が、市条例に抵触するわけだが、何か寂しい。市内のお年寄りの多くが、少ない年金で暮らしているからだ▼農業などで収入のある人はまだしも、年金が唯一の収入源だと生活は苦しい。借家なら、民間アパートを借りると家賃だけで精いっぱい。公営団地は「公平」として抽選を余儀なくされる。他地区から移り住む人々と同じ土俵に立たされるのもおかしい▼さらに冠婚葬祭を大事にする地域だ。お年寄りの負担は重い。このため、少しでも家計の足しにしようとアルミ缶を集めている。集めた缶を業者に販売して3000円を得るためには、350㍉㍑缶で実に2500本も必要だという。大変な労働▼一方で市は、アルミ缶を収集するお年寄りたちに対し、有償の清掃員に応募するよう働きかけていくという。有償の美化活動でその分をカバーするシステムだ▼ただ、お年寄りをめぐる問題は深刻な状況にある。核家族化が進み、さまざまな面で社会から取り残されている人が増えている。地域で、この問題を真剣に考えなければならないときである。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム