八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県畜産共進会へお見送り 久部良

県畜産共進会に向けて出発する2頭の牛を見送った町内の生産者ら=1日午前、久部良漁港

県畜産共進会に向けて出発する2頭の牛を見送った町内の生産者ら=1日午前、久部良漁港

2頭がフェリーで出発

 【与那国】9月28日に石垣市内で行われた第17回八重山郡畜産共進会に与那国から出品し、成雌2類で最優秀賞となった牛(飼い主・米城裕)と(同)優秀賞の牛(同・田島政和)の2頭が1日、本島で開かれる県畜産共進会に向けて「フェリーよなくに」に積み込まれ、久部良漁港を出発した。

 県共進会で与那国から同類の出品が行われるのは17年ぶりだという。

 長い海上輸送になることから、関係者は「ハンディ、リスクが伴う」として、不利にならないよう万全を期す。最優秀の牛を送り出した米城裕さんは「県大会へ出品がかなった。決まってからはこの1カ月不利にならないよう牛につきっきりだった」と、体調管理の苦労を語った。

 同漁港では畜産仲間や関係者がセレモニーを開き、上位入賞を期して気勢を上げた。

 与那国和牛生産部会の鳩間正八部長は「2頭の飼い主の努力はすごい。上位を期待して朗報を待ちたい」とあいさつした。

 「フェリーよなくに」が出港すると、JAおきなわ与那国支店の職員や町職員、畜産農家らが見送った。

  • タグ: 与那国島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム