八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

末永い友好親善を

交流の発展を願って乾杯する5市の関係者ら=1日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

交流の発展を願って乾杯する5市の関係者ら=1日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

5市の首長ら交流会
石垣島まつりにも参加

 石垣市は1日夜、第50回石垣島まつりで来島した北海道稚内市、岩手県北上市、愛知県岡崎市、犬山市の関係者らを市内のホテルに招き、「ゆかりのまち・親善・友好都市交流会」を開いた。石垣市と関係する4市からは首長、議長ら約45人が来場。石垣島まつりを通して5市が親交を深めた。

 中山義隆市長は「親善友好都市が一緒に集まることで、それぞれの結びつきができる。これが新しい交流につながればと思う」と合同の交流会に期待を寄せた。

 続いて、4市の代表もあいさつ。このうち北上市の高橋敏彦市長は「岩手は20年前、農業で石垣市に助けてもらった。これが交流につながり、友好都市締結に結びついた。これからも熱い交流をお願いしたい」と述べた。

 新海正春岡崎市議会議長は「1年ぶりに南ぬ島に来たが、新空港は素晴らしいと改めて感じた。開港効果で観光客が増えたと聞いている」と経済の活性化を喜んだ。

 舞台では、石垣第二中学校郷土芸能部が踊りを披露したほか、岡崎市からは岡崎武将隊が演舞を披露、交流会を盛り上げた。

 4市の関係者はこの日、まつりのオープニングセレモニーに出席。2日の市民大パレードにも参加し、舞台での50周年記念セレモニーにも同席する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム