八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

散在する墓地集約化へ 竹富町

竹富町地区別墳墓数

竹富町地区別墳墓数

墓地の集約化に向け、1回目の会議を行った竹富町墓地基本計画策定検討委員会のメンバーら=31日午後、離島ターミナル第1・2会議室

来年3月までに計画案策定
検討委が作業に着手

 散在する墓地の集約化を図る竹富町墓地基本計画策定検討委員会(委員長・小浜義也自然環境課長、委員31人)は10月31日午後、離島ターミナル会議室で1回目の会議を開き、各地域に墓地区域を設定する作業に着手した。全世帯を対象に墓地に関するアンケートを実施、住民の意向を把握した上で集約区域設定案をつくる。全公民館で説明会などを経て来年3月までに計画案を策定し、川満栄長町長に答申する予定だ。

 委員会は全21公民館長と職員らで構成。川満栄長町長は「個人墓地が散在しているが、生活衛生や景観、土地利用の問題が生じるほか、無縁墓地の増加を招く。この計画で問題のない墓地の利用地を確保したい」とあいさつした。

 竹富町が行った墓地実態調査によると、町内には今年3月時点で970基の墳墓が点在している。委員からは「新旧の墳墓が集約対象なのか」「区域設定の選定方法はどうするのか」などの意見があった。

 事務局は「区域設定は各地域の実態に沿った案を検討する。住民説明会で地域住民の意見を反映させ、委員会で判断してほしい」と説明した。

 小浜委員長は「答申まで時間がないが、アンケートや住民説明会で町民の意見を聞き、町独自の集約化を目指したい」と話した。

  • タグ: 竹富町
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム