八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣港沖合埋め立て地「南ぬ浜町」への臨港…

 石垣港沖合埋め立て地「南ぬ浜町」への臨港道路整備計画が動き始めた。石垣市が竹富町役場に隣接する材木店の倉庫を買い取り、事業化への準備を整えた▼付近の石油やガスなど、危険物取扱事業者の南ぬ浜町移転も調整中といい、整備に入れば、町役場前美崎町付近は大きく変わることになる。再開発に関するさまざまな要望も聞くが、その中で国と石垣市に検討してほしいものがある▼八重山郵便局の移転だ。離島ターミナル整備計画に、郵便局の拠点も同時に形成するという発想がなかったのは残念だ。離島ターミナルを複合ビルとすれば、観光客も利用しやすい。離島住民にはより身近になった▼現在の八重山郵便局は駐車場不足で混雑するし、車社会の時代になって利用しにくい。隣接するアーケード街は、観光客の増加で活気を取り戻しつつあり、郵便局が移って再開発できれば、魅力的な街づくりができる▼駅や港などにある郵便局は便利だし、効率的だ。八重山郵便局は明治15年開設。長い歴史を持ち、離島住民の生活に欠かせない局として親しまれてきた▼現在の庁舎は昭和57年完成で、今月で32年になる。そろそろ建て替えを検討する時期だろう。港湾整備計画と連動し、移転して広い駐車場を備えた、より多くの人が利用できる郵便局とするよう協議を望みたい。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム