八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

候補地に北部3カ所 ヤシガニ保護区

石垣市ヤシガニ保護条例保護区指針案

石垣市ヤシガニ保護条例保護区指針案

石垣市 年内に正式指定へ

 6月24日に施行した石垣市ヤシガニ保護条例に基づき、市は16日までに、捕獲を全面禁止する保護区の候補地として、伊原間以北の西海岸沿い3カ所を決めた。面積は約106㌶。水産課によると、島内5カ所を調査した結果、個体数が多かった3カ所を、保護効果が期待できるとして候補地に挙げた。

 今後、外部委員を加えた協議会での詳細な検討を経て、年内には正式に指定したい考え。指定されれば、3カ月後に罰則規定(10万円以下)が適用される。市は、個体を保護しつつ生態調査も行っていくことにしている。

 ヤシガニの生息には、エサとなる多様な植物が自生する森林部と、繁殖時に必要な海岸部との連続した空間が必要なことから、広域的・一体的に保全する目的で保護区が設定されるもの。

 これにより市は資源の枯渇を防止し、定期的なモニタリング調査を実施して効果を検証、必要に応じて保全対策を講じる考え。定期調査は、ヤシガニの成長が遅いため毎年は行わず、4年ごとの実施を予定し、捕獲個体の数や体長をデータ化する。

 候補地は、平久保小学校の北約8.26㌶、同小の南約35.44㌶、伊原間から明石までの約63.11㌶。

 水産課によると、候補地は民有地が多いという。保護区に指定されると、民有地の場合、ヤシガニの捕獲が全面禁止になる一方、建築物や土地の開墾など現状変更の制限はない。市有地の場合は現状変更の行為も制限される。

 条例によると、保護区外では9—11月の期間のみ、オス(胸長40㍉以上55㍉未満)の捕獲ができる。

 保護区の候補地は市のホームページで閲覧できる。

  • タグ: ヤシガニ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム