八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安全衛生レベルの向上を 県労基協会・八重山労基署

マイナス45度の冷凍倉庫内の労働環境を点検する県労働基準協会八重山支部の会員ら=7日午後、㈱ホクガン石垣工場

マイナス45度の冷凍倉庫内の労働環境を点検する県労働基準協会八重山支部の会員ら=7日午後、㈱ホクガン石垣工場

合同パトロールで点検

 2014年度第65回全国労働衛生週間が1日から始まったのを受け、県労働基準協会八重山支部安全衛生部会(宮良博文支部長・会員事業所230社)は7日午前、八重山労働基準監督署(比嘉健三署長)と事業所合同パトロールを市内2事業所で行った。比嘉署長によると、今年に入って2件の死亡災害が発生していることから、同支部では「意識を高めていきたい」としている。

 パトロールには、支部会員と労基職員ら10人が参加。安全衛生の管理体制や作業環境の安全対策、従業員の健康管理体制について点検を行った。

 このうち㈱ホクガン石垣工場では同社担当者から説明を受けながら、精肉加工室やもずく保存庫、マイナス45度の冷凍倉庫の業務環境をチェックした。

 八重山労基の比嘉署長は「八重山地区では今年に入り2件の死亡災害が発生し、労働災害は緊急事態。改善点は適切にアドバイスしていきたい」と述べ、宮良支部長は「事業場の内部では見えないものを、パトロールで見て安全衛生レベルの向上と会員の意識を高めていきたい」と話した。

  • タグ: 全国労働衛生週間合同パトロール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム