八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

奄美・琉球世界遺産登録を説明 竹富町商工会が勉強会

「奄美・琉球の世界自然遺産登録と地域振興」のテーマで講話する花井正光氏=6日午後、石垣港離島ターミナル

「奄美・琉球の世界自然遺産登録と地域振興」のテーマで講話する花井正光氏=6日午後、石垣港離島ターミナル

沖縄エコツー推進協の花井さん

 竹富町商工会(上勢頭保会長)は6日午後、石垣港離島ターミナルで「地域内資金循環等新事業開発検討事業」の勉強会を開き、沖縄エコツーリズム推進協議会の花井正光会長が「奄美・琉球の世界自然遺産登録と地域振興~地域の福祉向上を目指す新たなツールの創出~」をテーマに講話した。

 花井会長は世界遺産をめぐる最近の動向や、奄美・琉球の世界自然遺産登録などについて説明。ユネスコが制定する生物圏保存地域(国内呼称・ユネスコエコパーク)も紹介し、「エコパーク登録の後、世界遺産になった所もある。先にエコパークの登録を目指すというのもありだと思う」と述べた。

 世界自然遺産登録をきっかけに西表島の発展のために必要なこととして、登録決定前は▽世界遺産のコンセプトの普及啓発の担い手▽地域振興と観光振興の統合戦略の構築など、登録後は▽観光地の自律運営の主体▽生物多様性の保全と持続可能な利用の担い手|などを挙げ、「商工会のそれぞれの目的をどうすり合わせていくかが重要だ」などとアドバイスした。

  • タグ: 世界遺産登録奄美琉球
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム