八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石川(真栄里)、2年ぶり大会新

一般女子3000㍍で2年ぶりに大会記録を更新した真栄里の石川めぐみ選手(右)=4日午後、市中央運動公園陸上競技場

一般女子3000㍍で2年ぶりに大会記録を更新した真栄里の石川めぐみ選手(右)=4日午後、市中央運動公園陸上競技場

一般女子3000㍍
郡民陸上開幕、300人が参加

 第34回八重山郡民体育大会・第78回八重山郡陸上競技大会(主催・郡体協、沖縄陸上競技協会)が4日、石垣市中央運動公園陸上競技場で始まった。初日は12種目を行い、一般女子3000㍍では初出場の石川めぐみ選手(真栄里)が11分44秒2で2年ぶりに大会新記録を更新した。

 一般男子200㍍の新村真人選手(登野城)、同砲丸投げの米盛博文選手(白保)、一般女子100㍍ハードルと同走り幅跳びの阿利唯選手(平得)、同砲丸投げの井手涼子選手が(西表)がそれぞれ3連覇を達成した。

 大会には16チーム合わせて約300人の選手が出場。5日は残りの競技を行って閉幕する。

 4日午後2時の天候は晴れ、気温28度、北風5・3㍍、湿度59%。台風18号の影響で風が強く、多くの選手らが強風に悩まされながらの競技となった。

郡民陸上初日の結果

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 郡民陸上
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム