八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

オオゴマダラの食草を贈呈

オオゴマダラの食草、ホウライカガミの贈呈を受けた石垣市教育委員会の當銘武志指導主事(右)=3日午後、八重山特別支援学校

オオゴマダラの食草、ホウライカガミの贈呈を受けた石垣市教育委員会の當銘武志指導主事(右)=3日午後、八重山特別支援学校

八特支が市教委に

 県立八重山特別支援学校(玻名城安教校長)は3日、高等部作業部会の生徒が育てたオオゴマダラの食草、ホウライカガミ120鉢を石垣市教育委員会に贈呈した。

 同校は、県の全島緑化運動の一環として2012年度から10年計画で校内緑化に取り組んでおり、同年度に蝶園を開園。13年度からホウライカガミの贈呈を始めている。

 同校で贈呈式が行われ、市教委の當銘武志指導主事に苗を託した高等部1年の川平海斗君は「水やりをして肥料を与え、心を込めて育ててきた。ここと違う場所でも大きく成長してほしい」と期待した。

 市教委は、小学3年理科の副読本として「オオゴマダラを育てよう」「観察・飼育ノート」を作成しており、贈呈された苗を学習に役立てる考え。市内の幼稚園・小中学校に配布することにしている。

  • タグ: 県立八重山特別支援学校オオゴマダラホウライカガミ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム