八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

戦争の悲劇、今日的なもの 「ヨーンの道」の下嶋さん講演

「もういちど『ヨーンの道』‥を」をテーマに講演する下嶋哲朗さん=1日夕、大浜信泉記念館

「もういちど『ヨーンの道』‥を」をテーマに講演する下嶋哲朗さん=1日夕、大浜信泉記念館

 ノンフィクション作家、下嶋哲朗さんの講演会「もういちど『ヨーンの道』‥を」(南山舎・市文庫連絡協議会共催)が1日夕、大浜信泉記念館で開かれ、約70人が来場した。

 下嶋さんは37年前、家族とともに川平で1年間生活。「みそばあちゃん」こと宮良幸(さち)さんが、戦争で銃弾を受けた影響で結核になった夫を看病するために、夫に代わって5人の子どもたちを支える一家の大黒柱として「ヨーンの道」を通った体験談を基に、1979年に「ヨーンの道」を出版した。

 下嶋さんは講演で「書いた当時は戦争の悲劇を書いたと思ったが、『ヨーンの道』は今日的内容だと思う」と話した。

 「他人の体験を自分の体験として知識で補い、膨らませていくこと。受け継ぐ意識で、聞いた話を途絶えずに思い続け、次の人に語ってほしい。何があるか分からない今の時代だからこそ、強風でも折れずにいる草のような、芯が1本通った『勁(つよ)さ』を求めてほしい」と話した。

 講演は第1回やいま文化講座として開かれた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム