八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「来年4月以降も運航」

冬季運航について報告する中華航空沖縄支店の井上孝太営業部長=1日午後、市長室

冬季運航について報告する中華航空沖縄支店の井上孝太営業部長=1日午後、市長室

中華航空支店が通年運航報告

 台北石垣便の運航を延長し、10月26日から来年3月28日まで運航することにしている中華航空沖縄支店(鄧淑華支店長)の井上孝太営業部長は1日午後、石垣市役所で中山義隆市長を表敬訪問し、「来年の夏季ダイヤも運航させる方針」と述べ、来年4月以降の運航にも意欲を示すとともに、「国際線ターミナルビルの改修はぜひやってほしい」とハード面の充実を要望した。

 同社は当初、10月から来年3月までの冬季ダイヤは運休することにしていたが、台湾からの旅行客の需要増と同社の日本路線強化策から運航を決定。

 井上部長は「八重山の冬場はサイクリングやマラソンなどスポーツイベントに潜在的需要が高い」としている。

 同社は運航時間帯も変更し、台北で欧米や東南アジア、オセアニア方面の便に乗り継ぎやすいように運航する計画で、台北発着だけでなく、石垣発着でも利用を促進したい考え。

 中山義隆石垣市長は「台湾を経由して世界に行けるのも魅力。石垣から渡航できるように協力したい」と述べた。

 冬季は毎週火・土曜日に1日1往復運航する。

  • タグ: 台湾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム