八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「黒島まつり」にぎやかに 歌や踊り、多彩な舞台

「黒島の笠踊り」など多彩な芸能が披露された、第52回関東黒島郷友会総会「黒島まつり」=21日、鶴見沖縄県人会館

「黒島の笠踊り」など多彩な芸能が披露された、第52回関東黒島郷友会総会「黒島まつり」=21日、鶴見沖縄県人会館

関東黒島郷友会 会長は引き続き多良間さん

 【神奈川】関東黒島郷友会(多良間光男会長)の第52回総会「黒島まつり」が21日、横浜市鶴見区の鶴見沖縄県人会館で開催され、任期満了に伴う役員改選は多良間会長の留任が決定したほか、新役員に栗原明子さんが芸能副部長に選ばれた。舞台は多彩な歌や踊りでにぎわった。

 多良間会長は「黒島郷友会も52回目の総会になった。最初の集まりが昭和38年で、翌年39年には東京五輪が開催された。実質的に関東黒島郷友会のスタートは五輪の年だと思う。6年後の東京五輪を節目にすべく頑張りたい」述べた。

 総会後のまつりは、毎年恒例の黒島の「正月ユンタ」を全員で合唱し、新良伸さんの「かぎやで風」で座開き。小浜廉勝さん、栗原さん親子は「つぃんだら節」を披露した。

 船道常夫、増田苗子さん、渡辺るり子さん、下川いく子さん、島仲実さんも舞台に立ち、「黒島の笠踊り」「黒島口説」「校歌ダンス」などの演目で会場を盛り上げた。

 また函館出身で黒島ファンの黒島宇吉郎さんは夫婦で駆けつけ、ジャガイモ5箱を贈呈。建築写真家の大野隆志さんが撮影した豊年祭の写真も展示され、知人や親族が写った写真は希望者にプレゼントされた。(黒島安央通信員)

  • タグ: 黒島まつり関東黒島郷友会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム