八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「改悪」阻止でリレースタート 連合沖縄八重山地域協議会

「9・25労働者保護ルール改悪阻止行動開始宣言集会」で頑張ろう三唱を行う連合沖縄八重山地域協議会のメンバーら=25日午後、ホテル日航八重山

「9・25労働者保護ルール改悪阻止行動開始宣言集会」で頑張ろう三唱を行う連合沖縄八重山地域協議会のメンバーら=25日午後、ホテル日航八重山

労働者保護ルールで集会

 北海道旭川市と都内、石垣島をインターネットのライブ中継でつないだ「9・25労働者保護ルール改悪阻止行動開始宣言集会」の八重山地区集会(連合沖縄八重山地域協議会主催)が25日夕、市内ホテルで開かれ、約100人(主催者発表)が参加した。

 連合が取り組む「STOP THE 格差社会! 暮らし底上げ実現」キャンペーンの一環。集会では、東西ルートで全国縦断アピールリレーをスタートさせ、八重山地区集会では連合沖縄の大城紀夫会長が「労働者の思いをつなぐタスキを託したい」とあいさつした後、川本正樹議長がタスキを受け取り、西日本ルートへ出発した。

 都内で開かれている集会の様子も放映し、「働くものの命と健康を脅かす労働時間緩和反対」などとする集会宣言を採択し、頑張ろう三唱で気勢を上げた。

 石垣島を出発したタスキは西日本の各都府県をつなぎ、12月5日に都内の日比谷音楽堂に届けられる。

  • タグ: 労働者保護ルール連合沖縄
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム