八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今年は12万個扱う パイン・マンゴー小包

郡内の郵便局でゆうパックとして12万1000個が取り扱われたパインアップルとマンゴー=6月20日午前

郡内の郵便局でゆうパックとして12万1000個が取り扱われたパインアップルとマンゴー=6月20日午前

機材大型化、輸送に奏功

 日本郵便㈱八重山郵便局(松川真局長)がまとめた今年のパインアップル・マンゴーゆうパックの取り扱い実績は約12万1000個で、前年を約2500個(約2%)下回った。このうちパインは約9万2000個で、前年を約1万7000個(15.6%)下回った。マンゴーは前年を約1万4000個上回る約2万9000個と、前年から倍増した。

 輸送面について郵便局では、航空会社の機材の大型化や東京、関西などの直行便への搭載などで「スムーズに輸送できた」としている。取扱局別ではパインは八重山局約8万6000個、郡内の他の局で約6300個、マンゴーは八重山局約2万8000個、他の局で約1300個を取り扱った。

 同ゆうパックは5月から8月末まで郡内の郵便局で取り扱った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム