八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工8強進出 秋季高校野球

八商工3回裏、1番真玉橋のセカンドゴロを内野手が後逸するのを見て本塁ベースに突入する5番森田虎之介。後方は8番平安名勇太(2年)=23日、宜野湾市立野球場

八商工3回裏、1番真玉橋のセカンドゴロを内野手が後逸するのを見て本塁ベースに突入する5番森田虎之介。後方は8番平安名勇太(2年)=23日、宜野湾市立野球場

2年連続5度目 嘉手納に7-1の大勝 4強かけ28日美里工と対戦

 【那覇】第64回県高校野球秋季大会(県高校野球連盟主催)は23日、宜野湾市立野球場で3回戦を行い、八重山商工は第3シードの嘉手納高校を7-1で下し、2年連続5度目のベスト8に進出した。先発の具志堅忠憲(2年)が嘉手納打線を最少得点に抑え完投。打線もチャンスに効率よくつながり、夏の大会で敗れたシード校から勝利した。八商工は28日午前10時から、宜野湾市立野球場の準々決勝で美里工業とベスト4進出をかけて対戦する。

 八商工は一回裏、1死から2番宮良雄太(2年)が四球で出塁。続く3番仲嵩勇雅(1年)のサードゴロを相手野手がエラー、4番具志堅は四球を選び1死満塁とした。このチャンスに5番森田虎之介(1年)が左中間に走者一掃の二塁打を放ち、3点を先制した。

 三回と七回にも安打と四球で出塁した走者を、しっかりと犠打で得点圏に送り、相手守備の乱れや適時打で追加点を挙げるなど終始試合をリードした。

 投げては、この日も具志堅が危なげない投球をみせた。初回に四球の走者を出したが、四回まで無安打ピッチング。五回に四球と安打で走者を許し、暴投で1点を与えたが、六回からは完璧に嘉手納打線を抑えた。守備もノーエラーで乗り切り8強を勝ち取った。

 伊志嶺吉盛監督は「初回、森田が本能のままに来たボールをしっかりとうまく打ってくれた。具志堅は甘い球がなかった。完璧ではないが、自分の投球をしてくれた」と試合を振り返った。

 真玉橋樹主将(2年)は「具志堅が好投してくれた。自分たちもノーエラーで守りきったのが良かった。次の試合はモチベーションを高めた自分たちの野球をしたい」と述べ、勝利を誓った。

 結果は次の通り。

 【3回戦】

 嘉手納 000010000-1

 八商工 30200020×-7

 (嘉)仲地、大城-古謝

 (八)具志堅-前粟蔵

 ▽二塁打・森田(八)

  • タグ: 秋季高校野球
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム