八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

進路考えるきっかけに 琉大生がアドバイス

第2回琉大塾で、大学生活などの話をする参加者=28日午後、市立図書館視聴覚室

第2回琉大塾で、大学生活などの話をする参加者=28日午後、市立図書館視聴覚室

離島支援プロジェクト

 中高生と大学生が直接触れ合い、進路や将来について考えるきっかけにしてもらおうと、琉球大学は27、28の2日間、石垣市立図書館で「第2回琉大塾」を開き、八重山出身の学生ら12人が大学生活などについて紹介した。

 離島支援プロジェクト「知のふるさと納税」琉大コミュニティキャンパス事業の一環で、昨年に続き2回目。2日間で延べ約50人の中高生が参加した。

 参加者は6グループに分かれ、大学生活やアルバイト、講義などについて質問し、琉大生が丁寧に答えた。

 2年連続の参加で琉大法文学部への進学を希望している八重山高校1年の新川夏未さん(16)は「先輩の話を聞いたり、写真を見たりして前より行きたい気持ちが強くなった」、新川さんに誘われて参加した友人の平田文華さん(15)は「八重山出身者なので話しやすい。まだ進路については考え中だが、ほかの大学にもきてほしい」とそれぞれ感想を述べた。

 八重農出身で琉大農学部亜熱帯地域農学科1年の登野城吉明君(19)は「高校生になったら将来のビジョンを明確にした方が良い。それにより就職か進学かがはっきり見えてくる」などと中高生にアドバイスした。

  • タグ: 離島支援プロジェクト琉球大学琉大塾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム