八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

真喜良、高学年2連覇 JC杯少年野球大会

第36回JC杯少年野球大会高学年の部で2連覇を達成した真喜良サンウェーブ=18日午後、南ぬ島石垣空港

第36回JC杯少年野球大会高学年の部で2連覇を達成した真喜良サンウェーブ=18日午後、南ぬ島石垣空港

第36回JC杯少年野球大会低学年の部で2度目の優勝を飾ったブルースネーク=18日、宮古市民球場

低学年はスネークがV

 第36回JC杯少年野球大会(主催・一般社団法人宮古青年会議所)の決勝戦が18日、宮古島市で行われ、昨年に続いて低学年、高学年ともに八重山勢が大会を制覇した。高学年の部は真喜良サンウェーブが少年武蔵(八重山)を6|1で下し、2連覇を達成した。低学年の部はブルースネークが城辺A(宮古)を13|1で圧倒し、29回大会以来2度目の優勝を飾った。

 大会は17日から2日間、宮古島市民球場など4会場で行われ、先島地区の高学年14チーム、低学年16チームで争われた。八重山からは8チームが出場した。

 高学年の殊勲賞と活躍した選手に贈られる丸勝賞には、真喜良サンウェーブの高良真心(11)が選ばれた。

 低学年の殊勲賞は、ブルースネークの照屋竜輝(9)、丸勝賞に平良駿介(9)、打撃賞に豊川敢大(10)=打率5割=が輝いた。

 真喜良サンウェーブは18日午後、石垣島に帰島。ブルースネークは19日午後、帰島する。

  • タグ: JC杯少年野球大会スネーク
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム