八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重農環境工学部 優秀賞に輝く

最終選考会でプレゼンテーションを行った與那城礼さんと知花萌香さん=13日午後、八重山教育事務所

最終選考会でプレゼンテーションを行った與那城礼さんと知花萌香さん=13日午後、八重山教育事務所

コカ・コーラ環境教育賞

 八重山農林高校環境工学部(新城弘樹部長、部員7人)が今月9日、北海道夕張郡栗山町で行われた「第21回コカ・コーラ環境教育賞」(公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団主催)の次世代支援部門で優秀校4校のうちの1校に選ばれた。

 同部門には全国28団体から選ばれた小学校から高校までの5団体が9日の最終選考会に臨んだ。八重農は自然環境保全への赤土対策の実績と成果、今後の企画などを発表し、地域活性化のモデルの一つと評価された。

 最終選考会でプレゼンテーションを行った與那城礼さん(アグリフード科2年)と知花萌香さん(ライフスキル科2年)が13日午後、渡久山修校長、大城匡司教諭とともに八重山教育事務所を訪れ、黒島一哉教育長に報告した。

 與那城さんは「高いレベルの発表の中から選ばれてうれしい」、知花さんは「全国から来た意識の高い生徒たちと交流ができ、いい体験になった」とそれぞれ感想を述べた。

 黒島教育長は「活動の成果を地域の人たちにも知らせ、活動をより充実させていってほしい」と激励した。

 同賞では昨年、「白保魚湧く海保全協議会」が活動表彰部門で最高賞の大賞に選ばれており、八重山から2年連続の受賞となった。

  • タグ: 八重山農林高校コカ・コーラ環境教育賞
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム