八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市火葬場の煙突撤去 代わりに排煙装置

煙突が撤去された火葬場=8日

煙突が撤去された火葬場=8日

新施設完成までの措置

 石垣市火葬場のシンボルとなっていた高さ16㍍の煙突がこのほど撤去された。老朽化に伴い、市環境課が新しい排煙装置を整備した後、解体した。排煙装置は鉄鋼製で屋上に設置されている。

 コンクリート製だった煙突には至るところに亀裂が生じていたほか、地上2㍍付近でコンクリートが膨張して倒壊の恐れもあった。

 環境課によると、7月21日から新しい排煙装置の使用を開始、同月23日から8月6日にかけ煙突を取り壊した。

 現火葬場は建築から46年。市が市道を挟んだ隣接地で計画する新火葬場建設は2015年度の着工、16年度の完成を予定している。新火葬場は無煙、無臭となる。

地図
  • タグ: 火葬場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム