八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

美崎牛本店が初優勝 飲酒運転根絶を競う

初めて行われた「飲酒運転根絶企業・飲食店対抗甲子園八重山地方大会」で上位入賞、特別賞に選ばれた事業所の代表ら=12日午後、石垣市役所庁議室

初めて行われた「飲酒運転根絶企業・飲食店対抗甲子園八重山地方大会」で上位入賞、特別賞に選ばれた事業所の代表ら=12日午後、石垣市役所庁議室

優秀事業所に10社
2位先島交通、3位マルゲン水産

 企業や飲食店が飲酒運転根絶に向けた取り組みを競う「飲酒運転根絶企業・飲食店対抗甲子園八重山地方大会」の優秀事業所が12日発表され、美崎牛本店が初優勝を飾った。2位に先島交通㈱、3位に㈲マルゲン水産が入賞した。大会は石垣市交通安全推進協議会(会長・中山義隆石垣市長)が八重山地区交通安全推進協議会、八重山署と共催して6月10日から7月18日まで初めて実施した。

 今大会には八重山建設業団体連合会など推進3団体に加盟する事業所58社、飲食店110店が出場。参加事業所のアルコールチェッカーでの点検、運転記録証明書の提出、交通安全教室の開催など11項目を採点したほか、事業所独自の取り組みを審査した。

 12日午後、市役所で行われた表彰式で仲村智成署長が「優秀事業所はアルコールチェックはもちろん、交通安全教室も積極的に開催していた。今秋に第2回大会を実施する予定なので、飲酒運転根絶に向けた取り組みを今後も発信してほしい」と講評。

 中山市長は「われわれの活動は飲酒運転がゼロになるまで続けないといけない。優秀事業所の取り組みが地域に模範として広がってほしい」とあいさつ。

 初優勝した美崎牛本店の美崎信二代表は「安全講話を重ねて従業員の意識が変わったことが大きい。飲酒する翌日のシフト変更を申し出るなど、これまでなかった積極的な動きが出た」と喜びを語った。

 各賞は次の通り。

 ▽①美崎牛本店②先島交通㈱③㈲マルゲン水産

 ▽特別賞=八重山港運㈱、松川住宅設備㈱、㈲南成土建、㈱砂盛工業、㈱大米建設八重山支店、㈲砂川興業、スナック花あかり

  • タグ: 交通安全飲酒運転
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム