八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

各地で潮位上昇

大潮による潮位上昇で海面と護岸が同じ高さになり、波しぶきが上がった=12日午前、浜崎マリーナ

大潮による潮位上昇で海面と護岸が同じ高さになり、波しぶきが上がった=12日午前、浜崎マリーナ

海面が岸壁スレスレに

大潮と満潮が重なり、ここ数年で潮位が最も高くなった12日早朝、郡内の港や低地帯で岸壁などが海水に漬かった。

 石垣市八島町の護岸や浜崎マリーナでは同日午前7時49分、海面が岸壁と同じ高さにまで上昇。打ち寄せる波で陸地が一部冠水した。

 八島町で釣りをしていた男性(36)は「自分が立っているところと海面が一緒で変な感じ。こんな現象は初めて」と驚いた表情で話した。

 午前の満潮時刻を迎えた浜崎マリーナでは、係留された船が岸壁と同じくらいの高さになった。

 石垣島地方気象台では、11日の満月の前後は大潮の時期に当たり、15日にかけて潮位がここ数年で最も高くなるとして6日に注意情報を発表。「海岸や河口付近の低地では浸水や冠水の恐れがあるので引き続き注意してほしい」と呼びかけている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム